hittyのブログ

ちょっと調子の悪いオヤジのネット起業奮戦記

ライブで味わう「迫力」の正体とは?

ご来訪いただき、有難うございます!


10月末から、またライブを見に行くよ
うになりました。


と言うより、ライブに、行けるように
なりました。


キッカケは前回書いた「宇治茶屋」さ
んのライブでした。(この記事では、
これからバンド名がたくさん出て来る
ので、敬称略させていただきますので
悪しからずご了承ください)


その後、やはりフェイスブックで知り
合った「FUNNYCHAR」を見に六本木に
行って、「ナチョリブレ」、「Cheap
Glamour」、「The Dust Boxxx」、
「暫定PAFPAF」、「Lobster's Red」
というバンドのステージも見て来まし
た。そこでそのライブイベントを企画
したドラムスの女性ともフェイスブッ
クでお友達になっていただいたり、
「FUNNYCHAR」のChar担当のアキさん
が、わたしの街のご近所さんであるコ
トもわかって、今度は飲みながらチャ
ー談義をしようと言うコトになりまし
た。六本木のエッジというライブハウ
スで文化の日に行われた「あれもこれ
も気持ちいい♪ロックライブvol.20」
という既に20回も続いているライブで
した。



そのライブの後、夜は小・中学校の同
級生でソフトボールチームや野球部も
一緒だった、現在もミュージシャンの
「川村康一」のライブを池袋の「Abso
lute Blue」というライブハウスに聴
きに行きました。バックのメンバーも
強力でギターの伊藤浩紀さんはEXILE、
三代目J SOUL BROTHERS、Pink Lady、
mcA.Tや、由紀さおり、岩崎宏美を始
めとするコンサートのツアー・ギタリ
ストとして活躍している人でしたし、
ベースの吉池千秋さんはライブサポー
ト&レコーディング参加アーティスト
として、安部恭弘、小田和正、鈴木雅
之、徳永英明等、そうそうたるアーテ
ィストをサポートしている人でした。



ドラムスの岸田容男さんはドリカムや
DA PUMP、AI、スガシカオ等のサポー
トをしているという人でしたし、キー
ボードのPenny-kさんは日野皓正、な
んとチャカ・カーンやスリーディグリ
ーズ、ケミストリー等と共演している
ようなメンバーによる演奏で、やっぱ
りサウンドの厚みと言うか、演奏その
ものが素晴しいライブでした。スゴイ
顔ぶれのライブだなあ…と少し驚いた
くらいです。また、アブソルート・ブ
ルーというライブハウスのサイズも、
プレイヤーまでが近くて迫力ある演奏
を聴かせてくれます。康ちゃんは先日
野球をやって足のケガをしてしまって
前回のライブが中止になっていたので
少し心配でしたが、相変わらず綺麗な
声を聴かせてくれました。「川村康一
AOR NIGHT ”feel the comfortable
breeze"」というライブでした。実は
同級生ですが、38年ぶりだったので、
どんな話をしようかと考えていました
が、顔を合わせると友達の消息の話や
現在の話等、全然時間が足りませんで
した。今度のライブは1月の予定らし
いので、何人か同級生を誘って行って
来ようと思います。


そして、11月12日には「3×3 Three
by Three Osaka Yaon 2nd Aniv.GIG」
に行って来ました。「Eastern Moon」
「i-camera」「Shiny Pink」「Afhgan
Pink」「Escream」「Chick Sun &
son's」の6バンドが登場!関西と関
東のバンドがしのぎを削っていました。


今回のハコもCLUB EDGE ropponngiで
開催されました。前回「FUNNYCHAR」
で参加していたアキさんは、今回は
「Eastern Moon」での参加でトップバ
ッターでしたが、このバンドもツイン
ギターでサイケの頃の曲を中心に演奏
していました。でも、『Smoky』もや
ってくれて、アキさんのカッコ良さは
充分発揮されていました。



この短期間に、14バンドのステージを
拝見した訳ですが、ライブは病みつき
になりそうです。そこで、どうして、
こんなに行きたくなるのかを、改めて
考えてみました。


そして、そっくりな例えを思い付きま
した。


『ライブは音楽の花火大会である!』


そう思うようになったのです。


音楽は普段からYOUTUBEや、テレビや
CD、DVD、ギターコード等で触れ合っ
ていますが、ライブは腹に響いて来る
んです!


花火大会は写真で見たり映像で見たり
しても、やっぱり花火会場に行って、
あの腹に響く「ドン!」という爆発音
を感じて、あ、花火だ!という実感が
湧くと思うのです。


それと同じで、耳で聴く音楽は体で聴
いている訳ではないので、ビート感や
グルーブが伝わりにくいせいもあって
ライブにハマるとどうしても行きたく
なってしまうんだと思います。


特にわたしは元々ドラムを叩いていた
ので、その腹に響いて来るバスドラの
音が無性に心地いいんだと思います。


それでも、警備員をしていた頃、列車
見張員をやっていた頃は、意識的にラ
イブに行くのはやめていました。大音
響の中に居ると、列車見張員資格の維
持が難しいと思ったからです。列車見
張員は、普通では聞き逃すような小さ
な音が聞こえないと、資格維持は出来
ないんです。ところが病気になって、
列車見張員を出来なくなったおかげで
また、こうしてライブに参加できるよ
うになるのだから、何が幸いするか、
本当にわからないモノです(^o^)/。


自分で演奏していた頃があって、自分
はやめたけど、CHARやKISSやフィル・
コリンズのライブにはたまに行ってい
た時期があって、しばらく通わなくな
って、またライブハウスに行くように
なりました。


今度は、また自分でもバンドを組んで
みようかなあ…。Charのバンドでも、
初期Charのバンドでは45歳くらいでも
若手です。わたしくらいだと、Charや
世良公則、原田真二辺りなら充分でき
るでしょう。それに、宇崎竜童やザ・
ロケッツなんかもいいなあ…。


今回の3×3に行って、Char系のバン
ドは詳し過ぎるし、うま過ぎると思い
ます。今からではちょっとハードルが
高過ぎる感があります。だから、当時
のビッグ3競演スタイルが面白いかも
知れません。


自分でもやる前提で、もう一度考えて
みようか…と、思い始めています。


(^o^)/(^o^)/(^o^)/。



ライブに行って来ました!新宿クロウダディclub

ご来訪いただき、有難うございます!


病気になってから、初めてのライブに
行って来ました。



フェイスブックで
『初期Charが好きでたまらない。語ろ
う。演奏しよう。』
というグループに入っています。そこ
で知り合った『宇治茶屋』さんという
バンドがあって、そのバンドのメンバ
ーとお友達になって、以前からフェイ
スブック上では(鶴さんやトッシーさ
んと)知り合いでしたが、とうとうそ
のライブに行って来ました。


凄く楽しいライブでした。持ち時間が
1時間しかなかったのですが、その中
で、ゲストボーカルの詩子さんも出て
来たり、


最初の1時間を担当したバンドの演奏
も迸る情熱を感じましたし、やっぱり
ライブっていいなあ…と感じて嬉しか
ったです。


きっと『宇治茶屋』さんは、これから
も通うようになるバンドだと思います。


今度の11月3日には、やはり『初期
Char~』で知り合ったバンドの1つの
『Funny Char』が出る『あれもこれも
気持ちいい♪ロックライブvol.20』と
いうライブ(六本木 club Edge)と、小
・中学校(野球部でも一緒)の同級生、
川村康一の『AOR NIGHT~feel the
Comfortable Breeze~』というライブ
(池袋 Absolute Blue)と、2つのライ
ブを掛け持ちで行って来ます。


12日にも六本木のクラブエッジのライ
ブに行きます。もしかすると今月末に
は、宇治茶屋さんのゲストボーカルだ
った『詩子さん』のライブにも、行っ
て来ようかと思っています。11月24日
の阿佐ヶ谷ソウル玉というライブハウ
スです。


去年の5月頃(今年の、じゃないです
よ)にこのブログでも書いていたと思
うのですが、ライブバンドのプロモー
ションをしたいという夢があって、そ
ういう人にライブハウスの紹介やブッ
キングをしてあげられるようになりた
いと思っています。当然、楽曲のプロ
デュースもしたいのですが、自分でや
っていたドラムスは左腕のシャントを
長持ちさせる上では出来ないので、レ
コーディングの際に、いいスタッフを
紹介するくらいしか出来ないかも知れ
ません。でも、音楽を創って行く場面
に参加していたいと思います。


ライブのキャッチコピーを作ったり、
バンドのマネジメントをしたりという
裏方的な仕事を手伝えるようになりた
いので、カラダと時間の許す限り、ラ
イブを見に行こうと思っています。


きっと、今回私がライブに行くような
バンドは、フェイスブックやホームペ
ージ等の告知手段を持っているような
バンドなので、ファン層やライブ参戦
するお客さんも多数持っているバンド
です。だから、ただ、ライブに行って
楽しんで来るだけで、私の役目は完結
します。でも、まだそういう手段を持
っていないけど、伝えたいモノはたく
さん持っているようなアーティストの
卵をライブハウスに出させてあげられ
るようなセッティングを出来たらとて
も嬉しく思います。


私も初めてライブハウスに出た頃は、
とてもドキドキでした。国分寺のモル
ガーナや、国立のリバプールなど、今
でも思い出すライブハウスがあります。


国分寺のモルガーナでは、ギター1本
でワンマンライブをやったコトもあっ
たなあ…。


今、思うと、あのレベルでよく一人で
やったよな…と思いますが、あの頃は
恐いモンなんてなかったように思いま
す。


渋谷のヘッドパワーや新宿のスペース
デンは、今はどうなっているんだろう
?。


ライブは、音の響き方も重要な要素で
す。渋谷のエピキュラスでは、シンセ
をやめて、透明感を出すためにリラを
バンド編成に組み入れたこともありま
した。


私のバンドは、路線としては世良公則
っぽい曲をよくやっていました。来て
くれた友達の言葉を借りると、


「世良のツイストが正ヤンの風のテイ
ストを持ってるアコースティック風の
エレキ・バンド」


だそうです(笑)。今はメンバーとの連
絡も取れなくなって久しいのですが、
いつか会えたら、もう1度演奏してみ
たいなあ…。


同じ曲を演奏しても、全く違うテイス
トになってしまうと思います。その時
に出来る音楽って、その時のモノだか
ら、心に残るのかも知れません。


当時のシンセはヤマハのCP80か、DX7
だったので、ピアノ風に弾くのがうま
いメンバーが居ればヤマハ派で、音源
をいじりたければDX7だったと思いま
す。本当にキーボードがうまいバンド
では、真空管が温まるまで音が不安定
なローズという選択肢もありました。


なんだか懐かしいなあ…。


当時作った30㎝LPレコードは今でも
どこかで生き残ってるモノがあるんだ
ろうか?私の手元のモノは、いつの間
にかなくなってしまったけど、当時の
メンバーで今でも持ってるヤツは居な
いだろうか?


当時、ライブに来てくれていたファン
の子達が2人、連絡が取れる状態で、
今もたまに会います。と言っても前回
会ったのは病気になる前でしたから、
もう、2年も前になりますが…。


娘は今、ジャニーズWESTのライブが決
まると眼を輝かせます。若い頃の私は
KISSやCharのライブがあると、真っ先
にチケットを取っていました。


そして、自分のライブを始めると、音
を作るために、自分のバンドのPAを持
っていた時期もあります。この間行っ
た新宿クロウダディclubでは、カウン
ターの中で、たぶんオーナーさんがPA
をやっていました。PAの進行表を見て
妙に懐かしくなり、何が引き金になっ
て懐かしさを感じるのかを改めて考え
るキッカケになりました。


これから、いろいろなライブに足を運
ぼうと思います。好きなモノで社会と
の接点を持つ楽しさを改めて感じてい
ます。


これからの社会人に求められるのは、
どんなモノが好きかを口に出す勇気と
どんなふうに付き合っているのかを伝
える場を確保するコトのような気がし
ます。普通に当たり前のコトを仕事に
しようと思っても、それにその人が発
信する情報がオンされていないと、も
っと詳しく記述している情報を求める
傾向が強いと思います。


自分ならではの情報が、誰かの求める
情報と重なった時にその情報のコアな
ファン層が作られて行くと思います。


今は、好きな音楽を楽しむコトから始
めようと思います。こういうコトを出
来るようにしてくれた医療機関に感謝
しています。このまま、さらに医療が
進歩するコトを心から願っています。


小さな1歩ですが、外の世界との接点
を増やして行くチャネルをたくさん持
つことから始めて行こうと思っていま
す。



あなたとも、ライブ会場で逢えたら嬉
しいな(^o^)/と思います。



病気と改めて向き合ってみるーシステムと体のメンテナンスー

ご来訪いただき、有難うございます!


いやー、ご無沙汰してしまって申し訳
ありません。やっとパソコンが治りま
した。やはり、ウイルスに感染してい
ました。ヤマダ電気のテックランドで
治してもらいましたが、その時に思っ
てもみないラッキーと遭遇しました。


iPadミニのソフトキーボードが嫌いだ
ったわたしの前に、Bluetoothで繋ぐ
キーボードと、iPadミニ3を立たせる
コトの出来るカバーを組み合わせて、
パソコンのように、使うコトのできる
環境を提案してくれて、パソコンより
すごく軽いシステムが出来ちゃいまし
た!。


こんな感じです(^o^)/。


どうでしょう?なんか、ノートパソコ
ンよりコンパクトだし、キーボードは
思ってたより使いやすいし…で、外出
時のネット環境にはピッタリな感じが
しませんか?わたしのノートパソコン
より全然軽いので、とても嬉しい環境
が出来た感じです!


普段当たり前にパソコンを使っていた
時は、自分の他の環境もベストな状態
で使用するコト等、考えたりしていま
せんでしたが、いざパソコンが使えな
くなったおかげで、各アイテムの1番
使いやすい環境を、考えてみるという
ごく当たり前のことに思いが至るよう
になりました。


カミさんが使っているiPadは大きいの
で、手で押さえながらコンテンツを見
ていると、手が疲れるだろうなあ…と
は思っていたんですけど、ゲームで縦
に使ったり、画面で横に使ったり、い
ろいろな角度で使うので、どうするの
がいいのかなあ…と思っていましたが
画面が回転するカバーを見つけて解決
しました。




動画を見る時には画面を横にしてカバ
ーに立てかけて見て、ゲームで縦にし
て使う時はカバーは畳んで座って膝上
で使っています。




iPhoneも落としても画面が割れないよ
うにフィルムも貼って、カバーもフル
装備の折り畳み式のヤツを付けていま
す。これでだいぶ快適に使っています。




と まあ、最近充実したシステム回り
ですが、環境メンテナンスという立場
で、自分の体のメンテナンスも考えて
みようと思いました。まず、自分の体
をよく知ろうと思いました。ちょうど
心臓の検診日も来たので、絶好のタイ
ミングだと思い、自分の体をもう1度
よく知ることから始めようと思いまし
た。


実は、8月は体調が安定せずに苦労し
ました。仕事も休みがちでした。そし
て、この10月に入ってからも、決して
安定していません。なぜそういうコト
が起こるんだろうと不思議でした。


血圧が高いか低いかなら、理解しやす
いと思っていました。ところがわたし
の理解とは違う所に体の状態はあるら
しいのです。


わたしの体は、血圧が高過ぎたり低過
ぎたりします。例えば、透析をして来
た日には上が100を切ったりします。
そして、次の日には少し寒かったりす
ると、180を越えたりします。たった
1日で上が80~180まで変動したりし
ます。高い方の血圧が100も変動しま
す。これは、どう説明すればいいので
しょうか?


この説明は慢性腎不全だけで説明しよ
うとするから理解できないのだ、と循
環器内科の先生に言われました。


わたしの夢は20年長生きして、遺伝子
治療をするコトで、カミさんを旅行に
連れて行ってあげる、というコトでし
た。その話をすると、心臓の先生から


「あなたの場合は元々の糖尿病に全て
の原因が発生しています。だから肝臓
がまず機能的に低下しました。そして
いつ心筋梗塞になってもおかしくない
程、心臓内の血管が詰まって大動脈が
3つあるうちの1番目と3番目が細く
なりました。1番目の大動脈は死なな
いようにステントを入れましたが、3
番目の血管は何とかまだ保ちそうだっ
たので、透析をしながら状態を見てい
ます。心臓はガイドワイヤーを入れて
バルーンで広げながらステントを置く
ので、ガイドワイヤーやバルーン作業
の最中に心破裂を起こす可能性がある
以上、出来るだけいじらなくて済むな
らいじらない方がいいからです。そし
て、そういう無理がたたって腎臓も再
起不能になりました。腎臓がやられる
ということは、体内の水分を自力では
排出できなくなるというコトです。つ
まり、各臓器が透析をしていない時に
は、水浸しになってしまうというコト
です。その中で、透析治療を続けて行
けるというコトで、生きて行ける体内
環境を作っている訳ですが、いわゆる
肝心な臓器はアウトになっている訳で
す。仮にiPS細胞を作って遺伝子治療
をするとしても、心臓や腎臓・肝臓を
新たに培養するのにどれくらいかかる
のか想像がつきますか?たぶん、もっ
とも大変な臓器が3つも必要な時点で
そういう可能性を夢見ること自体が、
辛さを産む可能性も考えた方がいいと
思いますよ。もし、旅行をしようと考
えるなら、血液透析から腹膜透析に方
法を変えるとか、もっと現実的な夢を
見た方がいいと思います」


という、至極現実的な見解を突き付け
られました。


もちろん、こんなにシビアな感じで話
した訳ではありません。かなりゲチャ
ゲチャ笑いながらの話でした。が、エ
ッセンスだけ抜き出すと、上記のよう
な内容でした。看護師さんもズーッと
笑って聞いていましたが、最後だけは
居なくなりました。


「もし、自力でよく出来るような余地
が残っているのなら、身体障害者1級
という認定はされないと思いませんか
?ガンだって心臓病だって、身体障害
者1級にはならないんです。慢性腎不
全は透析を始めた時点で無条件に身体
障害者1級になる病気なんですよ。そ
れくらい重病だと考えると、無理な希
望は持たなくなるでしょう。今、日常
生活を入院状態でなく送れるコトを喜
ぶコトが大切だと思いませんか?」


そう言われて、初めて自分の病気が大
変な病気なんだなあ…と納得しました。


気温が変動すると、心臓の状態で血圧
が大幅変動してしまう。湿度が変動す
ると、腎臓の関係で体調が不安定にな
る。疲れがたまると肝臓の関係でやは
り体温や血圧が不安定になる。


そういう状態で血圧を安定させようと
思うコトが無謀だというコトなんだろ
うか?と思っていると、先生は笑いな
がら言いました。


「幸か不幸か週に3回も透析で病院に
通っているんですから、こういうコト
をやってみたんだけど、血液検査では
何か変化はあるかどうか?とか、自分
の体の変化を毎回毎回意識してデータ
としてチェックする習慣を付けたら、
今の環境はこれ以上ないほど、恵まれ
ていると思いませんか?」


と言うのです。例えば、息子とテニス
コートで、息子は私が打ちやすいよう
に返して来る球を、わたしは左右に振
る、と言うような練習をしてみて、腎
臓に負荷がかかっているかどうかは、
血液検査のデータを見てもらえば、ど
こまでは運動可能な領域かを判断でき
るんじゃないか?と、いう訳です。


今まで循環器内科の先生からは心筋の
訓練のための適度な運動はした方がい
いと言われ、腎臓の透析の先生からは
運動などは自殺行為だと言われ、どっ
ちが正しいんだろう?と思っていまし
たが、


「この病気は一人ひとり、みんな違う
んです。だから、安定や平均値なんて
ないんです。透析を毎回できるコトで
『今回も透析をクリアできたなあ…』
という感慨に浸る世界なんです。だか
らこそ、あなた自身で今回はどこまで
のチャレンジをしたけど、体はどうな
っているのかな?というデータを集め
るコトが必要だと思うんです。仕事に
毎回行けないかも知れないし、必ずし
も調子が良くなる方向でばかりは進ま
ないかも知れない。ただ、自分の調子
をどうすれば少しでもいい状態に持っ
て行けるのか、挑戦し続ける日々だと
思うんです。


ここまで酷使しても体はまだ生きてい
てくれたんだから、これからはもう少
し、体と心で対話させてあげる義務が
あるんだっていう感じで考えるのがい
いと思うんですけど、あなたはどう思
いますか?」


わたしはこの先生は本当に名医だと思
っています。J大学病院系の井上先生
と言います。この先生はそういうコト
を話すのに充分な時間を毎回取ってお
いてくれます。今回も違う時間帯で2
コマの時間を取っておいてくれました。


実際には1回の面談ですが、それだけ
の時間を使って、こちらが納得するよ
うな話し合いをしてくれます。


今でも、夢を諦めた訳ではありません
が、その日その日でやるべきコトを明
確にして、何かあっても悔いを残さな
いような日々を送りたいと思って帰っ
て来ました。


仕事を休まないように、という考え方
をまずは変えようと思います。体調が
おかしい時には休む勇気をもって、自
分の課題を毎日クリアしながら、体と
心の対話に耳を傾けるような生き方を
して行こうと思いました。


今、前回までのシリーズの方はパソコ
ンが戻って来たのでPDF化を進めて
いますが、後ろの背景イラストが思う
モノが出来なくて時間がかかっていま
す。文章の修正は終わりました。無料
レポートスタンドに登録したらお知ら
せします。


もう少し、お待ちくださいね。


今回はシステム的な近況と、自分の体
の考え方について、ドクターとの話を
軸に書いてみました。病気のコトにつ
いてはわかった気になっていましたが
なかなか奥が深くて、今だからわかる
コトがたくさんあります。もっと自分
の中の対話に気を付けて生きて行きま
すね(^o^)/。


今回もお読みくださって、ありがとう
ございました。また、お越しください。


待っています!