hittyのブログ

ちょっと調子の悪いオヤジのネット起業奮戦記

ネットビジネスは不用品転売からー時給3万円というラッキー!―

ご来訪いただき、有難うございます!


今週も、仕事中にコピーライティング
に関するコトをいろいろ考えていまし
たが、今週は特筆すべき経験をしまし
たので、それをお伝えします。


時給3万円を経験しちゃったのです!


これはあくまでもラッキーだっただけ
で、実力ではないので目標にしている
「時給1万円」を達成したとはとても
言えない話です。


ただ、いろんなコトが揃わないとスタ
ート出来ないアナタにとって、行動す
るコトこそが成果を呼び込む出発点に
なる!という事実を知ってもらうには
わかりやすい例だと思って書きます。




わたしはアメブロではありませんが、
「KISS」と「Char」が大好きで、しか
もKISSは、「ダブルプラチナム」とい
うアルバムまでの間がとにかく大好き
で、Charも初期Charが大好きで、ファ
ン・ブログというか、なんの生産性も
ないかも知れないんですけど、自分が
楽しくて書いてるブログがあります。


そこではKISSのオーソリティーみたい
な顔をして書いていましたが、ダブル
プラチナムまでのコトは中学時代まで
の思いを書くだけでいいので、なにも
調べたりせずに書ける本当に楽しいブ
ログなんです(^o^)。


ところが、ダブルプラチナム以降の曲
で「War Mashine」という曲が好きに
なり、どのバージョンがお勧めか読者
の皆さんに訊いてみたんです。


そうしたら、どんなサウンドが聴きた
いのか?とか、どんなヴィジュアルを
見たいのか?とか、場合分けをして、
まるでデータベースのように教えてく
れた読者の方が居ました。


わたしは、アメブロやMuragonで言う
コメント欄で、彼のコトを称賛しまし
た。本当に素晴しい知識とKISSに対す
る愛情が深くて、スゴイと思ったから
です。


ところが彼から来た返事に驚かされま
した。彼はわたしよりだいぶ若いんで
す。KISSが化粧をしなくなった辺りか
らのファンでした。


だから、KISSのメイクがエンターテイ
ンメントを感じさせたというわたしの
持論や、大コケした映画
「KISS Meets the Phantom of the
Park」
でさえも、好きと言い放つ自信をリス
ペクトしている、と言うような返事を
いただき、むしろ感激してしまいまし
た。


なんだか嬉しくて、その後もメッセー
ジのやり取りをするようになっていま
した。


そんな彼に、KISSの2001年のフェアウ
ェル・ツアーのパンフレットをヤフオ
クに出すつもりなので、良かったらご
参加をお待ちしています、とお知らせ
しました。


横浜アリーナで、わたしに子供が出来
てから初めて連れて行ったライブでし
た。その日はカミさんも久しぶりのラ
イブでノリノリで、まだ言葉もわから
ない息子を連れて行っても泣き出さな
いように注意していると、なんと息子
もヘッドバンキングをしてノリノリで
カミさんと大笑いしたのを思い出しま
す。「血は争えないねー」と爆笑しま
した。


最年少参加記録は息子だろうと思って
いたら、まだ1歳にも満たないような
子供も居て、「うわっ、やられた!」
と言ってカミさんに爆笑されたのが昨
日のように思い出されます。


そのパンフレットがいくらしたのかは
思い出せませんが、かなりしっかりし
たパンフレットなので、3000~5000円
くらいしたと思います。


オークションで、5000円くらい(元値)
になったらいいなあ…と思っていまし
た。


ところが、彼から或るオファーをいた
だきました。


「オークションに出さずに僕に直接、
売ってくれませんか?」


と言うのです。しかも5万円で!


わたしは驚きました。5000円で売れた
らいいなあと思っていたモノですから
そんなに要らないから、じゃあ1万円
で買ってくれませんか?と訊いてみま
した。元値より上で、オークションで
値が上がったとしても2倍になれば、
満足だと思ったからです。


そうしたら、さらに驚いた返事が返っ
て来たのです。


「KISSのパンフレットそのものも欲し
いです。でも、アナタが持っていた物
だから余計に欲しいんです。では1万
と5万の間を取って3万円ではいかが
でしょうか?」


と言って食い下がって来ました。結局
わたしが折れずに1万円で!と押し切
ったのですが、振り込まれて来た額は
3万円だったのです。


結局、折れなかったのは彼でした。


2万円多いから、振り込みますので、
銀行口座を知らせてください、とメー
ルを出しましたが、私が買いたいお金
を払っただけなので、どうぞそのまま
受け取ってください、という返事まで
いただいてしまいました。


なぜ、このパンフレットをヤフオクに
出そうと思ったのかをお話ししましょ
う。


自分が稼げる、と思うネタを扱うよう
になるまでの助走期間に行うネットビ
ジネスの出発点は、『不用品転売』が
いい、と児玉歩さんがおっしゃってい
ます。自分が今は要らなくなった物で
スペースを空けるためには不用品転売
から始めるのがベストだ、と言うので
す。


わたしが解釈するのは、本当に不用品
ならメルカリとか、フリマのイメージ
での売却がいいのだと思いますが、昨
年の引越の際に、本当の不用品は全て
捨ててしまったので、要るモノばかり
しか残っていませんでした。その中で
敢えてスペースを考えると、大きなパ
ンフレットなので、本棚の大きなスペ
ースをさいている訳です。それで、思
い切って転売してしまおう!と思った
のです。


KISSの品物を売ってしまうなんて、ち
ょっとショックでしたが、オークショ
ンなら、もしかしたら買った値段より
高く売れたりするかも知れない、と思
っていました。


収入を生活できるレベルにして行く必
要がある訳で、買って貰うには自分も
欲しいと思えるモノでないと意味がな
いと思っています。


しかし、今、なくても支障がないモノ
だから、不用品転売というのだろう、
と思っています。


これが1万円になったら大満足だと思
っていましたから、大大満足です。そ
こで、時給に換算してみます。


オークションのお知らせをしてから、
やり取りの時間が30分くらいでしたが
まあ1時間弱として時給3万円です。


しかもあんまりコメントをもらうコト
もなく、必ず読んでくれてる人がいる
のかいないのかもわからないような、
好きなコトを書いているだけのブログ
です。読者管理なども当然していませ
んでした。


それでも、わたしのファンで居る、と
言ってくれる人が居て、それは一人だ
ったとしても、時給3万円の顧客にな
ってくれました。


読者が一人しか居なくても、こんなコ
トが起こるコトもあるのです。


むしろ、わたしが彼のファンと言って
も過言ではないと思っていたのに、な
ぜ、そこまでリスペクトしてくれるの
かが判らず、彼に訊いてみました。


するとやはり、思いがけない返事が返
って来ました。


「あなたのKISSへの思いに僕は勝てな
い、と思っていたのに、あなたが僕の
コトをブログで褒めてくれました。そ
れが本当に嬉しかったんです。今でも
KISSのファンが選ぶトップ10のうち、
7曲はダブルプラチナム以前の曲が入
っています。1978年のアルバムなのに
です。いかにスゴいパワーだったのか
想像するには余りある人気だったので
しょうね。その頃をリアルタイムで知
っているコトが羨ましいんです。だか
ら僕はその頃のコトを堂々と話してい
るあなたが大好きなんです」


読者が一人でも、


あなたが何かの専門家でなくても、


何か新しいモノを作り出さなくても、


時給3万円を実現できる可能性がある
んです。


好きなコトをして、


相手の凄さをスゴい!と言って、


その人に声を掛ける勇気さえあれば、


チャンスは訪れる可能性がある、と
いうコトです。


何かを専門的に勉強しなくても大丈
夫です。


好きなモノが何か一つでもあれば大
丈夫です。


たった一人に声を掛ける勇気があれ
ば大丈夫です。


ネットで稼ぐ、なんて力を入れなく
ても、日常で自由な感情表現が出来
れば大丈夫なんです。


ただ非常にラッキーだったコトです
から、再現性があるかと言われれば
ないかも知れません。


でも、3万円を彼なりに算出した根
拠を訊いてみました。1万円と言っ
ているのに、3万円も払おうと思っ
てくれた理由をです。


「2001年のライブのパンフレットで
すから、17年も保管してくれていた
ことになります。5年で1万円と考
えて4期目に入るので4万円、商品
が1万円として5万円になると思い
ました。それを1万円だと言ってく
れた時点で、嬉しさもあり、僕の中
では3万円は最低額として決定した
のです!」


これを聞いてもう一つわかったコト
もあります。


どんなコトでも、お客さんに訊いて
みるコト。


自分の考えだけで、大きくなって行
くビジネスは、きっと少ないと思う
のです。全ての事柄を訊いた上で、
商品を決めて行く、という順番が、
正解なんだと思います。


たった一つの商品売買が、いくつも
の大切なコトを教えてくれます。


いろいろなコトがしっかりわかって
から始めるのも大事だと思います。


でも、こういうラッキーなコトもあ
るんだと知っていれば、まず、スタ
ートを切るキッカケにはなる話だ、
と思います。それが解った出来事だ
ったので、この記事を書きました。




その後、職場で教えてもらった話で
すが、プラモデルが大好きな中年男
性が、プラ板で作るパーツの写真を
ブログに乗せているうちに、そのパ
ーツを売って欲しいという問い合わ
せがあって、細々とではあるけれど
好きでやっているコトで、お小遣い
稼ぎが出来るんだと知ったコトが、
その後の人生に与えた影響は大きか
ったそうです。


彼によると、そのブログで知り合っ
た人たちと、大規模なオフ会を開い
ているんだそうです。みんなで集ま
る会場費の払い込みや参加費の払い
込みを事前に行うために、ホームペ
ージを起ち上げて、そこで登録をし
たそうです。


そこに登録している人達は、お互い
にハンドルネームと本人が結びつい
ているので、オフ会があるというお
知らせがあると、「誰が来るのかわ
かるので、今回の参加は必須!」等
と、開会前から盛り上がれるんだそ
うです。そういう仲間達が居るのは
活動の励みになりますよね(^o^)。




今回はラッキーで時給3万円を実現
出来てしまったので、好きなコトを
やっている、というコトの大切さと
行動をするコトこそが成功の秘訣だ
と思い、まず、その報告を記事にし
ました。


お役に立てれば幸いです(^o^)。




自分は何屋さん?―掘り下げるコトが大切!―

ご来訪いただき、有難うございます!


最近、病気になって以来、久しぶりに
働き始めて、少しでも時間を見つける
と考えてしまうコトがあります。


「わたしは何屋さんか?」というコト
です。


自分のコトを一言で何屋さんか言える
人は稼ぐのに困らない、と言われるか
らです。


わたしは長らくコンサルタントをやっ
ていました。


社会に出て初めて就いた仕事は証券マ
ンでした。


その次が損保、そして自分で会社を作
りました。


経営コンサルタントの会社です。


資金調達とリスクマネジメントを経験
して、自分のコンサル会社を作る。


理想的なスタートを切れたと思います。


ただ、そこに至る過程で思い出すコト
があります。


証券マンになろうとした時、第1志望
はD社でした。その会社には良いイメ
ージしかありませんでした。


ところが第5次面接まであって最後に
身体検査があり、そこで血圧が高いか
らと落とされました。上が153、下が
90でした。


面接の途中、変動相場商品を扱うのに
こんなにのんびりしていて大丈夫なん
だろうか?と不安になったのが的中し
て、やっぱり落ちてしまいました。


当時、4大証券しか頭になかったわた
しは、その後高校の野球部の先輩に連
絡を取って、Y証券に行きました。面
接2回目で内定をいただき、3回目の
健康診断で1回目は153と90でしたが
しばらくそちらに座っていてください
と言われ、看護婦さんが「血圧が落ち
着くようにおとなしくしていてくださ
いね」と笑いながら言いに来てくれて
急に和やかな気持ちになり、再度測っ
た時は139の82で合格しました。


実は大学の就職課に相談したら、Y証
券は毎年1人枠があるけど、今年は既
に内定をもらった学生が居るから、Y
証券は無理だ、と言われていました。


そんなバカなコトがあるかい!と思っ
て、4大証券のリクルートブックを見
ていると、優績営業マンとしてその記
事に出て取材を受けていたのが、偶然
にも野球部の先輩だった訳です。すぐ
に連絡を取り、その日に会いに行きま
した。


そして、人事面接の時に将来の夢を訊
かれ、「一国一城の主になりたいと思
っています。夢としては、30歳くらい
で独立したいと思っています」と答え
ました。人事部の人は大笑いして、
「なかなか面接の時にそういう本音を
言う学生は少ないなあ。でも、ウチは
それくらい独立心旺盛な人ならむしろ
歓迎しますよ」と言って、すぐに最終
面接となりました。


わたしは2浪していたので、就職には
不利だと言われていましたが、取締役
人事部長だったAさんが2浪した上に
大学院に行った人だったので、入社す
る頃には30近かった人だという極めて
ラッキーな偶然が重なり、あっという
間に内定となった訳です。


どうしてこんな話を導入として書いた
のか?と言うと、自分の道は自分以外
には決められない、と言いたいからで
す。本当にそう思います。


この話には後日談があって、Y証券で
内定をいただいた翌日にD証券の人事
課長さんから「前回の結果は忘れてく
れませんか?ぜひ、ウチに来て欲しい
」という連絡が入りました。既に決ま
っていたのでお断りしました。どこに
決まったのかと訊くので、正直に答え
ると人事課長は絶句していました。


大学の就職課の言うコトを聞いていた
ら、Y証券に決まるコトはなかった訳
ですし、その会社に骨を埋めるつもり
だと言うのがセオリーだとリクルート
ブックに書いてあったのに、それを破
っても内定がすぐに出た訳です。


以前も書きましたが、わたしはhitty
の元になる名前が「一志(ひとし)」と
言います。


一つのコトに志す、という名前なのに
好奇心旺盛で、いろんなコトに興味が
湧きます。アイデンティティー(自己
同一性)が取れない名前だと思ってい
た時に大学生の就職試験を目前にして
自分のアイデンティティーを確立しま
した。


経営コンサルタントは、あらゆるコト
に興味を持とうが、経営に関するコト
であるなら、全てが内包される職業だ
と気付き、経営コンサルタントとして
一国一城の主になりたい!という夢を
持っていたので、それを言ったのです。


Con-「一緒に」と言う意味の接頭語


sult-「=solution」解決するの意


ant-「人」を表す接尾語


コンサルタントとは「一緒に解決する
人」という意味です。その頃の星占い
で、わたしの職業としては、まず経営
コンサルタントや営業職や「士」業と
書かれていて、仕事内容を調べた時、
天職と出逢ったように感じました。


だから、自分の性格ややって来たコト
を考えると、わたしはコンサルタント
なんだなあ…と思うんです。


何屋なのか→コンサルタントだ!が
1番シックリ来る職業なんです。


そこで、現在の目標について整合性を
検証しているうちに、おかしなコトに
気付きました。


ネットビジネスで稼ぐ、という表現を
しているコトが何度かありました。


インターネットは手段ではないのか?
という疑問です。


昔、コンサルタントをしていた時に、
或る会社の名刺や封筒を作るデザイン
のアドバイスをしていて、FAXを記載
したくない、という社長がいました。


「ウチは便利な連絡方法で楽をしたい
会社じゃないんだ。だから付き合い始
めてから知らせればいい。最初にFAX
を印刷した名刺なんて、ウチらしくな
い!」と怒っていた社長の顔を思い出
します。


その会社は、市役所の入札業務もあっ
たので、役所にFAX登録をしてもらう
必要もあり、最終的に印刷するコトに
したんですけど、その社長の気持ちは
よく解りました。


実は、その会社の事務方が新しい名刺
の印刷について社長に話をすると聞い
てくれないから、なんとか説得してく
れないか?というオーダーに答えた訳
です。


わたしは独立した当初、証券マンだっ
た経歴を生かして、FAX株式情報を出
していました。通常の証券アナリスト
達は、投資顧問業登録をして、初めて
株式情報を出すコトが出来ます。


手配り資料や郵送書類、印刷物として
お客様のお手元に株式の情報を届ける
には、投資顧問業登録が必要だったん
です。これには莫大なお金が掛かりま
す。認可されるまでの時間もかかりま
す。つまり、大企業向きのシステムで
した。そこで、弁護士に法律を調べて
もらいました。


FAXには規制がありませんでした。ち
なみに現在ではFAXも投資顧問業登録
の必要がありますが、当時、そこは、
規制がまだ及ばない領域でした。それ
で、わたしは自分の商売をスタートし
た話をして、社長に「うん」と言わせ
ました。


インターネットを活用してビジネスを
行なうコトは、このFAXの活用と同じ
くらいの意味なのではないか?と思い
始めました。


FAXのおかげで、株式情報を売るコト
が出来たのは事実です。でも、商品は
情報そのモノでした。


そう思って、現在の目標を見直してみ
ました。そうすると、具体的な目標が
どんどん現れて来たんです。


インターネットを活用するのは、「手
段」です。FAXに比べると高度な知識
が必要になりますし、その活用の方法
を指導出来れば、それ自体がコンサル
として指導内容にカウントできる程の
内容になります。


それでも、インターネットを活用する
コトは手段であり、わたしが売るモノ
は、コンサルなんだと考えると、今、
すぐに出来るコトがたくさんあるコト
に気付きます。


インターネットを活用したマーケティ
ングを売る時に、「インターネット・
マーケティング」を商品ラインナップ
の1つとしてカウントすればいい訳で
す。


インターネットで起業する、という考
え方が遠回りの始まりだったコトに、
ようやく気付いたので、お伝えしてお
きます。


インターネット・リテラシーはよく学
んでおく必要がありますが、それが全
てではありません。それは、道具の一
つです。メニューの一つなんです。


マインドセットが、なぜ重要だと言わ
れるのか?という疑問にも、やっと答
えが見えて来ました。


例えば、コピーライティングを例にし
て、考えてみましょう。


コピーライティングとは、人を動かす
文章力が必要になります。あなたが、
どれだけたくさんの文章を書いても、
誰も行動を起こしてくれなければ、ア
ナタのコピーライティング力はあまり
ないと評価されてしまいます。


そして、自分の効率性との比較になる
訳です。これだけ書いたのに全然売上
が上がらなかった、自分にはコピーラ
イティングの才能はないんだ…、よく
ある「諦め方」です。


その前に、やれるコトをやっているの
かが、実は1番の問題だったんです。


アナタがアフィリエイトの報酬額が多
いからと選んだモノを書いているので
はありませんか?


書いているコトにそれを勧める「嘘」
は含まれていませんか?


自分が本当に勧めたいモノを勧めて、
成果が出なければ、改めてコピーライ
ティングを学び直す必要があるかも知
れません。


しかし、人に勧めてくれと頼まれたか
らと、読者さんにいきなり勧めた商品
で人を動かせなかったから自分に才能
はないと考えるのは間違っています。


こういう時にコンサルの世界では、「
商品吟味」という作業を行います。


自分達が知り得る限り、そのジャンル
で最高の商品を開発する、または探す
のです。ここがポイントなのですが、
最高の商品を、どう定義するのかで、
その商品力が変わります。


価格で勝負するなら安さを最大限の売
りにする必要があります。素材も安い
モノを探し制作にも合理化を進め、大
量生産によってコストダウンを図る、
というコトも必要になります。


全く逆に最高の品質のモノを提供する
と決めたら、その素材はユーザーが最
高だと認識してくれるモノを使い、手
作業が増えても使いやすさにこだわっ
た職人技が光るような商品開発になっ
て行きます。量産品に比べ、かなり高
くなっても、いつまでも使える素晴ら
しい商品を提供できます。


上記のたった2つの例でも、それを販
売するターゲット顧客は、全く違う層
になるコトがお判りだと思います。


全く違う顧客のターゲット層に、それ
ぞれの立場によって、全く違う文章で
アプローチするのがコピーライターだ
と気付けば、アナタが今までアプロー
チしていたターゲット層が的を射てい
たのか?というマーケティング的要素
を考えずには居られなくなりますよね
?アナタの才能ではなく、ターゲット
層にアナタのコピーライティングを届
けていたのか?届けられていたのか?
という本質的な疑問と向き合えるよう
になる訳です。


売る、という行為は、「価値移転」を
指します。ある価値を持っているモノ
を、それを欲しがっている人に紹介で
きれば、「売る」という行為が成立し
ます。


逆に、熱烈に欲しがられているモノを
探し出して、探している人に渡すコト
が出来ても、商売は成立します。


つまり、そういう事前の準備をやった
後で、アナタは自分のコピーライティ
ング力を評価していますか?とお訊き
したいんです。


まず自分が惚れ込むような商品を探し
て、それを勧める状態にしていますか




今から1年くらい前のコトです。わた
しが、アメブロを始めて3~4か月ほ
ど経ってある記事を書きました。或る
コピーライター養成の案件でわたしが
一次審査に合格したと書いた時に、メ
ッセージをくださった読者さんが居ま
した。


わたしにコピーライティングの相談を
してくれたんです。彼は自分のワード
プレスのホームページを既にお持ちで
そこに誘導してくれて、お互いにメー
ルアドレスを交換していろいろとメー
ルをやり取りするようになりました。


最初の頃は、自分にはコピーライター
の才能は無さそうだ、とか弱気なコト
ばかり、おっしゃっていました。


ある時、わたしは彼に訊いたんです。


「アナタが出逢った商品の中で最高だ
と思う商品は何ですか?」


すると、「ぶっちぎりでウォシュレッ
トです」という返事をいただきました。


本当に凄いと惚れ込んでいらっしゃい
ました。彼は、或る地方に住んでいま
した。自分の家にウォシュレットを入
れる時、工事するまでに一か月くらい
待たされたんだそうです。というのも
水道と繋げる部品がなくて、取り寄せ
に、時間がかかったんだそうです。


彼は、それは詳しくウォシュレットを
知っていました。絵の具で汚れた手を
チリ紙で拭くコマーシャルに衝撃を受
けたコト、その後の「お尻だって洗っ
て欲しい」というコピーライトの素晴
らしさに気付いて、コピーライター志
望になったコト。そして、何より彼は
一度、痔の手術をしていたそうなので
すが、実はもう一度、手術をしなけれ
ばならないかなあ?という頃、ウォシ
ュレットと出逢ったんだそうです。最
初は痛くて、飛び上がりそうになった
そうですが、よーく洗うようにしたそ
うです。


そうしたら、再発していた痔も良くな
り、手術の必要はなくなったそうです。


そんな話を聞いているうちに、


「アナタがそんなに好きなウォシュレ
ットの記事を書いてみたらいかがです
か?きっとアクセスが凄く集まると思
いますよ」とメールに書いたんです。


しばらく返事が来ないまま、忘れてい
ると、3か月ほどして、またメールを
いただきました。


「ウォシュレットの記事を書いたら、
反響が凄くて、正直自分でも驚きまし
た。でも、ウォシュレットを売るコト
でアフィリエイトを受けてくれる業者
が居ない上に、私の地方には積極的な
ウォシュレットの工事屋が居ません。
私がやろうと思いますが、お金を払う
のでコンサルをお願いできませんでし
ょうか?」


という文面でした。昨年の10月終り頃
だったと思います。わたしは、マーケ
ティングをしてみると、実は海外旅行
者で日本に来て、ウォシュレットに感
激して買って帰る人が増えたのに、水
道のパーツがその国になくて、使えな
いままになっている話や、無理やり使
えるように接続したので、毎回使うと
水が漏れてしまうという案件が多いコ
トを知りました。そこで国内では彼の
地方でインターネットのサイトで集客
して、同時に海外の水道屋さんにウォ
シュレット・パーツのその国の水道管
に繋げるパーツをオーダーメードで作
るから、事前にサイズを知りたいとい
うメールを出しておいた方がいいと思
いますよ、とメールを返しておきまし
た。コンサル料は要らないと申し添え
て、しばらく経ちました。


今年の3月に「銀行口座を教えてくだ
さい」というメールが来て、どうした
のか訊くと、海外でのウォシュレット
の接続を行う代理店が各地で出来て、
そのパーツを作っているのが、その人
の会社だというのを見つけた商社が、
まとめて契約しに来たそうで、結構大
きい金額を振り込んで来たんだそうで
す。彼が実際に連絡してみると、ウォ
シュレットの会社が代理店を作ってい
る国ではどんどん設置されているのに
その会社が工事管理をしていない国で
は、かなり需要があるコトもわかった
そうです。彼は、水道がない国もあっ
て、井戸掘りの海外協力隊と連絡を取
り始めたそうです。


わたしは、それは良かったと一緒に喜
んで、今回は結構ですと辞退しました
が、何度も連絡をくれるので、生活保
護を抜けたら、コンサル料をいただく
かも知れません。


上記の例でお解りいただけると思いま
すが、コンサルタントは一緒に解決出
来ればいいので、実は大変やりやすい
仕事なんです。


コーチングはもっとやりやすいです。


人は誰かに相談する時、実は大体どう
すればいいか、というコトが解りかけ
ている時に相談する、というクセがあ
ります。つまり、答えが自分の中に在
る時、相談をしようと思うコトが大半
なんです。それで、自分と同じ答えが
返って来たら、即GOだし、違う答えが
返って来ても、相手を説得して、了解
をもらえたら実行しようとする傾向に
あります。


ですから、コーチは相手が欲しい答え
を様々な質問をして訊きだして、背中
を押してあげられれば、コーチングの
完了です。




今回はこの1週間で、仕事中に考えた
自分は何屋か?→コンサルタントだ!
という記事を書きました。


意外と顧客が実際に見えるとなんとか
なるもんです。お客さんが居るのか?
居ないのか?わからない時が1番難し
いんだと思います。


それから、本当に自信を持って勧めら
れる商品に出逢うコト。これが肝かも
知れません。そして、自信が湧くまで
「商品吟味」してみるコトです。


どういうポイントで、告知して行くの
が伝わりやすいかを考えてその「場」
で1番伝わりやすい伝え方を選ぶコト
が大切です。


そうすれば、アナタも有名なコピーラ
イターになっちゃうかも知れませんよ
!(^o^)v。




告白!もう1つの『ペルソナ』

ご来訪いただき、有難うございます!


前回、カミさんの一言がキッカケにな
って働き始めたコトを書きました。


タイトルは『ペルソナ』でした。


Muragonでは、


『ペルソナ』ーその仮面の人生を歩ん
でみるー


というタイトルを付け、アメブロでは


『ペルソナ』ーアナタは幾つの人生を
歩んでいますか?ー


というタイトルを付けました。


どちらの記事も掲載翌日から1週間も
注目記事の第1位で居続けてくれまし
た。これも読者のみなさんのおかげで
す。本当に有難うございます!


ただ今回の記事に関しては、内容上、
同一タイトルになってしまいます。ど
ちらも同じになるというコトです。


参加しているブログのジャンルは、


Muragonが『ベンチャー』という大ジ
ャンルの『起業家志望』という小ジャ
ンル。


アメブロが『ネット』という大ジャン
ルの『ネット広告・ネットマーケティ
ング』という小ジャンル。


でも、わたしにはもう一つの『ペルソ
ナ』があります。


アメブロでにほんブログ村の『小説』
という大ジャンルの『小説家』という
小ジャンルに登録している


安浪蘭人(あろうらんど)


というペンネームを持っているのです。


その中で、『美沙鈴シリーズ』という
ショートショートの作品群を書いてい
ます。


このシリーズが、第8話の『抜け殻』
と言う作品以外は全て掲載後3日以内
に第1位をとっています。しかも、ほ
ぼほぼ次の作品が出るまで1位で居続
けてくれるので、大した努力なしに、
『小説家』の第5位くらいにランクさ
れています。


他の『小説家』ジャンルにランキング
されている方々は、キンドルで出版さ
れていたり、様々な出版社から書籍を
出していらっしゃるようなホンモノの
作家さん達なんです。


ド素人で作家じゃないクセに作家のフ
リをしていてランキングに入って居る
のは別名hitty(840)くらいです
(^_-)-☆。


このシリーズは既に20話を越えていて
このシリーズだけで19回は1位をいた
だいているコトになります。


全く聞いたコトもない出版社さんから
「このショートショートを各章とみな
して、連作の小説として出版してみま
せんか?」という打診をいただきまし
た。とても嬉しかったです。


でも残念ながら、今回はお断りさせて
いただきました。その会社のコトを、
数名のブロガーさんに訊いてみたんで
す。その結果、いろいろあるんだなー
と思い、今回のお話はお断りした方が
良さそうだと思ったので、そういう結
果となりました。


ただお声がけいただけたコトで、大変
自信がついたコトは事実です。


作家としての肩書が出来る可能性もあ
るという事実が、勇気を与えてくれま
した。


『作家』としての『ペルソナ』は、わ
たしの欲しいペルソナです。


ネットビジネスで稼ぎながら、作家と
して作品を出すという夢があります。


少しだけ、それに近付いたような気に
なれたので、近い将来、作家の仲間入
りを果たしたいと強く思うようになり
ました。


それにしても、ブロガーさんて凄いで
すよ。知らない人なのに、親切に教え
てくれます。訊き方や、質問の内容が
ハッキリしていれば、実に明確な答え
を教えてくれます。感動しました。


日頃から読ませていただいていて、コ
メントも送らせていただいていたり…
という人間関係は武器になります。


わたしも何かご質問をいただいた時に
は、自分のわかるコトは丁寧に答えよ
うと改めて心に刻みました。親切な回
答をいただけると、本当に嬉しいモノ
です(^o^)v。


わたしは一つ、考え違いをしていまし
た。情報の発信者がお金を稼げるよう
になるんだとばかり思っていました。


確かに素早く稼ごうと思った人は発信
した方が速いんですけど、受信者でも
可能なのではないか?と思えて来まし
た。ご自分のブログは力を入れていな
いのに、一応発信はされていて、どこ
のだれかはわかる人で、様々なブログ
に鋭いコメントを書いている人です。


今回わたしが相談した人の中にも、そ
ういう人がいました。その人のモノの
見方がとても参考になるなーと思って
いたので、思い切って訊いてみました。


その人からの回答はとてもわかりやす
く親切でした。もし、彼女がネットビ
ジネスを始めたら、間違いなくわたし
はネットビジネスにお金を払って教え
ていただくと思います。つまり生徒に
なりたいと思える人です。


その人はわたしのショートショートの
書き方なら、こういう出版計画が立て
られるのではないか?というアドバイ
スまでくれたんです。作品企画の立て
方を教えていただけるなんて思っても
いなかったので、大変嬉しく感じまし
た。


わたしは石田衣良さんや村山由佳さん
が大好きです。彼らに憧れて、モノ書
きになりたいという夢が出来ました。


わたしは、まず、書いてみる、という
行動に出ました。実は安浪蘭人という
ペンネームは石田衣良さん方式です。


石田衣良さんのエッセイを読んでいた
ら、彼のお母さんに感謝をささげる文
章が出て来ました。そのお母さんの苗
字が『石平』さんだったんです。


『いしだ いら』と分解して、実際の
苗字だけで、苗字と名前を付けたパタ
ーンです。


わたしは苗字を分解すると、短くなり
過ぎるのでまず英語にしてみました。


Arrow Island(あろうあいらんど)と
なります。


これだと長くなり過ぎるので「あい」
を取って「あろうらんど」として、漢
字を当てました。その結果が安浪蘭人
です。ですから、ブログのタイトルは
『安浪蘭人には❝愛❞がある』にしま
した。アイを取ったので、足したので
す。


その後の英語は苦肉の策です。本当は
『Arrow is Land.』と書きたかったん
です。そうすれば、ArrowIslandと
なって、元通りの苗字になります。


でも意味が「矢は陸である」となって
訳の解らない内容になってしまいます。


そこで、Arrow Land is ❝LOVE❞.と
しました。


英語としての正解は、


Arrow Land has ❝LOVE❞.


らしいのですが、


Arrow Land is ❝LOVE❞.


でも「安浪蘭人は愛そのものである」
というような意味になる、というコト
で、自分なりにOKにしました。


当初、何を書いたらいいのかわからず
に作家ぶったコトを書いていました。


しかし決めていたコトは一つでした。


「読者を増やす活動はしない」という
1点だけでした。作品力があれば読者
はついて来てくれるのではないか、と
いう淡い期待だけで作ったブログでし
たから、作品を書こうと思いました。


女流作家の友達がいて、彼女が協力し
てくれるコトになったのですが、読者
はブログ上で❝大作❞は必要としてい
ないのではないか?と思うフシがあっ
て、自分で小説を書き始めました。本
当に書きたい部分を丁寧に書いてしま
うとアクセスが明らかに減るんです。


それで軽いタッチのショートショート
を載せてみました。


これは人気化しました。すぐに注目記
事ランキングに出るようになりました。


最初の頃は、読者層を知るコトだけを
気にしていました。そして、協力して
くれるコトになっていた作家さんのご
協力をお断りして、ショートショート
を載せていました。


結果として、それが良かったと思いま
す。


「欲しいモノは顧客に訊け!」


ネットビジネスの師匠が必ず言う言葉
です。その上でターゲットが見えて来
たら、「もっともっと」と押して行け
というコトでしたので、その後、ショ
ートショートと言いながら、小説張り
に長い作品にして行きつつあります。


おかげさまで、現在はガッチリ書いた
モノが求められるようになって来てい
ますが、読んでくれるようになるまで
は短いけど、笑いとペーソスがあるよ
うな作品ばかりを書いていました。


読者さんが欲しいのは何か?を訊きな
がら進める、と言うのは大変なコトも
ありますが、走り始めるととても大切
なコトだと思います。


水分制限をしなければならない時に、
いつでも好きなだけ飲める自分を設定
して、スナックに毎晩通う話を書いた
ら人気化したのには笑っちゃいますけ
ど…(^o^)。


1年以内で作家の仲間入りができると
時給1万円のコピーライターに近付く
のが速まりそうで、ちょっとワクワク
します。


わたしはいくつかの『ペルソナ』―仮
面―を、ブログで用意しています。な
りたいと思う自分に近付くために考え
て、いくつかの仮面を用意しました。


安浪蘭人は、その中の一つです。もっ
とも、細かいコトを言うと、アメブロ
上で幾つものペンネームを持とうと思
うと、その数だけメールアドレスが必
要になります。


安浪蘭人でログインしているのにも拘
らず、hittyでいつもアクセスしてい
るブログにコメントしてしまって、
「あっ、しまった!」というコトも、
多々ありました。と言うか、今でも
あります。


でも、夢に近付くために、「仕掛け」
は必要だと思います。


自分がプラモデルが好きだというコト
で、モデラ―としてのブログを作り、
プラ板を削って作った型を販売したら
思ったより売れてしまった、と喜んで
いるおじさんも知っています。


好きな自分の世界を作るブログを用意
するコト。


それも、大切なお客さんとつながるた
めの準備として、必要な要件かも知れ
ません。


今回は、前回の『ペルソナ』の延長上
の話を書かせていただきました。


アナタの参考になってくれたら嬉しい
です。




あ、追伸です。


もし、安浪蘭人のサイトに興味をお持
ちの方は下記までアクセスしてくださ
い。よろしくお願いします(^o^)v。



飛べるようにしないんですか?と言う
メッセージをいただくまで気付かずに
すみませんでした。それから、メッセ
ージを、どうも有難うございました!