hittyのブログ

ちょっと調子の悪いオヤジのネット起業奮戦記

インフルエンザと白い肌とアルファベット

ご来訪いただき、有難うございます!


タイトルの順番に書いて行ったら、か
なり長くなってしまいました。そこで
最後の「アルファベット」のところで
取り上げる文字を最初に発表しておき
ます。「HとI」です。興味がある人は
最後までちゃんと読んでいただけると
ありがたいです(^o^)。では・・・


いやー、今年はお正月からインフルエ
ンザにかかってしまいましたあ💦。


昨年末はインフルエンザではない風邪
をひいたし、結構フトンと仲良しの年
末年始でした。


5日の夜から熱が出始めて日曜日が熱
のピークで39,4℃まで上がり、この日
は動けませんでした。火曜日に透析に
行ったらすぐに検査。インフルエンザ
だと確定診断がくだり、カーテンで囲
われた通称「隔離ベッド」で着替え等
全て行い、帰りもそのベッドから直接
帰るというロッカールームへの出入り
禁止となりました。


可哀想なのはカミさんで、4日の夜か
ら息子の居る神戸にムスメと二人で行
って来て、ユニバーサルスタジオジャ
パンで歩き回って、息子の部屋では洗
濯機を3回も回して来てあげたんだそ
うです。向こうに行ってる間は出来る
だけ心配かけないように熱が出て来た
コトは伝えず、月曜の明け方帰って来
る、というコトだったので、熱がある
コトを伝えて寝ようと思っていたのに
帰って来るまでに寝落ちしてしまい、
ウイルスがウヨウヨ居る所に帰って来
てしまったのでインフルエンザがうつ
ってしまいました💦。二酸化塩素系の
空間除菌のゲル剤でもあれば少しは良
かったんでしょうけど、運悪く次亜塩
素酸系の除菌スプレーしかなかったの
で、同じ部屋のカミさんはわたしの被
害者となりました。


ムスメはもうすぐジャニーズの好きな
グループのライブに参戦しに新潟に行
く予定なので、基本的にわたしにもカ
ミさんにも極力近寄らないようにして
現在までうつらずに凌いでいましたが
今日少し調子が悪くなって来たようで
す。


わたしのお正月は大好きな多肉植物の
今までのラインアップにカネノナルキ
を増やしたり、寄せ植えにしたりして
いました。




今年は意識してお正月に毎年立ててい
た1年の予定を立てませんでした。未
達成な事項があると少し凹むからです。


年末年始は、新しい年の手帳に予定を
記入する、という過ごし方が今までは
恒例の正月の過ごし方でしたが、その
予定をなくしただけで精神的な負担が
激減するのを、初めて知りました。


その代りが多肉植物の寄せ植えでした。
結構、気に入っています。


USJのお土産はこれまた大好きなミニ
オンズのキーホルダーを買って来てく
れました。早速スマホのカバーに付け
ています(^o^)。




そういう意味では、お正月はかなり満
足度の高い過ごし方をしましたが、体
調的には絶不調なスタートでした。


インフルエンザにかかった時、透析患
者に限ってはタミフルは1錠でいい、
というコトを今回初めて知りました。


朝晩5日間飲んで初めて効くんだ、と
思っていましたが、腎臓で排出できな
いので、インフルエンザ系の薬は体内
に溜まってしまうので一般的な量なん
か飲んだらズーッと体内に残ってしま
ってかえって体に悪いんだそうです。


だから今日、カミさんが飲んでたイナ
ビルのような大量に吸入する系は向か
ないそうです。病気によっていろいろ
あるんだなあ…と知りました。


今、透析のクリニックでインフルエン
ザにかかっている人がとても増えてい
ます。ほぼ窓際の1列は隔離ベッド群
です。


今年は1月1日から透析だったのです
が、たぶんその時、クリニックで感染
して帰ったのだろうと思います。もう
やれやれ…という年始です。


患者の面倒をあれだけ見てくれるのに
看護師さんや看護補助の皆さんは本当
によくうつらないよなあ…と感心して
しまいます。そう言えば・・・


透析のクリニックには、とても素敵な
女性たちがたくさん居ます。ドクター
や看護師さんや臨床工学技士さん、看
護補助員さん等です。


その中で、肌が透き通るように白い臨
床工学技師さんがいます。20歳代中~
後半でよく笑う素敵な女性です。針を
刺してもらっている時に、緑色の半袖
のスクラブから白い腕を見せている彼
女が


「ずーっとインドア系でブラスバンド
とかやってたから肌が白過ぎるよね。
自分としては気に入ってるんだけど、
あんまり男性からはモテないんだよね
え…」


と言いました。わたしは逆に、


「いや、その肌なら無敵だろうと思う
よ。その白い肌を見たら、隣で寝てる
恋人は、きっと誰にも渡したくないと
思うだろうし…。その肌はズルいよな
あ~、といつも思う」


と言いました。彼女は不思議そうな眼
をマスクの上に覗かせて、


「そんなコト言われたコトないよ。年
をとってからシミだらけになりたくな
くて今までは気を付けて来たけど健康
的な肌の色のオンナの子の方が人気が
高いよ。それにhittyさんは私の顔を
知らないから、そんなふうに言ってく
れるけど私は美人でもないし、オトコ
の人と寝る場面もなかなか来ないしね。
あ~あ、どうしたらモテるんだろうね
?教えてよ」


と言いました。わたしは答えました。


「愛し合ってこの人と結婚してもいい
かなあ…と思ったらえっちしようって
思ってない?俺も若い頃は最初はそう
いうもんだろうって思ってたんだ。で
も全然違ってた。一緒に居てくっつき
たくなる相手なら、えっちが先でいい
んだよ。その後に愛はついて来るから」


と言うと、技士さんはこう言いました。


「どうして?それでやり逃げされたら
どうするの?」


そう言って、わたしの目を覗き込みま
した。わたしは、


「まず考え方を変えてごらん。今『や
り逃げされたら』って言ったけど男と
女はどんな時でもフィフティー・フィ
フティーの関係だって考えてる女性の
方がモテるよ。自分もしたいからする
っていう考え方が出来れば、少なくと
もその行為の結果、被害者になるコト
はないよね?両方の責任だから…」


肌の白い彼女は目の玉だけを上に向け
て、少し考えていましたが、なるほど
…とうなづいて、


「確かにそういう考え方はしたコトが
なかったなあ…。でもその通りだね。
だけどね…。それで妊娠しちゃったら
誰が悪いの?オンナは不利だと思うん
だけど…」


と言うので、わたしは、


「ふたりの責任でしょ?50-50なら
避妊についてもふたりで話せばいい。
それを無視した結果、そういうコトに
なったら無視したヤツの責任でしょ?
オトコが暴走するパターンも多いけど
オンナが抜かないで!っていうパター
ンも結構あるんだって」


そう答えました。彼女はその日は何度
も腕の針の様子を見に来てくれました。


そしていろいろ訊いて来ました。訊か
れた質問はだいたい次の5つにまとめ
られると思います。


「まずはどうやって男性と知り合った
らいいんだろう?」


「深い関係になるには好きにならなき
ゃ先に進めないだろうけど、どうやっ
てこの顔を気に入ってもらえばいいん
だろう?」


「相手にどうしたら告白してもらえる
んだろう?」


「抱き合うようになるきっかけはどう
やって作るの?」


「どうしたら私は相手のコトをそうい
う関係になってもいいって愛せるよう
になるんだろう?」


わたしには全ての答えは1つだと思え
たので、こう答えました。


「○○さんが好意を持てる男性を好き
だ、と思うコトだよ。まず自分に出来
るコトは好きだと思える人を好きだと
思うコトだけなんだから…。質問の内
容がほぼ相手に好きになってもらうコ
トばかりで、自分が好きになる前提が
抜けてるよね?出逢いは自分から作る
つもりの方が見つかるでしょ?顔を気
に入ってもらうコトより、好きな気持
ちを伝えてごらんよ。好きだって聞い
たオトコが顔が気に入らないから付き
合わないっていう例はかなり珍しいと
思うよ。告白しちゃえば告白してもら
う必要がなくなるじゃん?自分が相手
を愛せるかどうかは元々好きな相手な
ら出来そうでしょう?つまり5つの質
問の中でちゃんとした質問は抱き合う
きっかけはどう作るのか?っていう1
点だけだよね。そんなのお互いに好き
になったらオトコが夢中になって頭を
働かせる部分じゃん?オトコの提案を
受け入れられれば受け入れる。受け入
れられなければ自分から提案してみれ
ばいいじゃない?○○さんがするコト
って好きだと思う人を見つけるコトだ
けなんだよ。それで関係が出来た時の
チャームポイントが白い肌なんだから
無敵でしょう?」


彼女はそれを聞くと、


「hittyさんと話すと恋人と付き合うコ
トってとても簡単に思えるけど、どう
して今までそういうふうになってない
んだろう?考え方が違ってたんだね、
きっと…」


と言って「ありがとう(^o^)」とにこ
やかに笑ってくれました。その日、わ
たしが帰ろうとすると、彼女がまた顔
を見せて、


「hittyさん、私に勢いがつくように何
か背中を押す言葉をくださいな」


といきなり言われたので、瞬間考えま
したが、こう答えました。


「アルファベットを全部書いてごらん。
そして、並びをよく見てみると…。
H(えっち)の後にはI(愛)があるでしょ
う?行動と気持ちのバランスがとれた
ら、うまく行っちゃうんだよ」


彼女は


「うまい!そういうコトって、いつも
考えてるの?hittyさんが独身だったら
よかったのに…」


と言って喜んでくれました。




ダイジェスト

ご来訪いただき、有難うございます!


あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします(^o^)


1月4日にはカミさんとムスメは関西
に居る息子の所に行きます。わたしは
透析で行けませんがUSJに行って来る
ようです。寒いでしょうが楽しんで来
てくれるといいなあ…。


お正月の番組を観ていたら、わたしは
ダウンタウンの浜ちゃん、市川右團次
さん、俳優の加藤雅也さんと同級生な
んだなあ…と思いました。


彼らと同じ時代を生きて来たのに、今
全く違う人生を歩んでいます。人の数
だけ人生があります。


小さい頃、伝記を読むのが好きでした。


本という小さな紙の束を開くとそこに
人の人生が広がっているのがスゴイ!
と思っていました。ところが或る人の
伝記を読んで、伝記の本はダイジェス
トでしかないんだなあ…と痛烈に思い
ました。詳しくは憶えていませんが、
確か伝記を読み始めて5冊目だったと
思います。


『エジソン』の伝記でした。たった3
か月で小学校を退学になり、耳も不自
由になったエジソンはどんな思いで発
明に取り組んでいたのかを少しでもリ
アルに知りたくて、耳栓をして生活す
るとどのくらい不便なのか?を試して
みたりしました。当時、体温で柔らか
くなって密閉度が上がる耳栓が出たば
かりで、それを買って実験しました。
親が言うコト等は聞こえず、耳栓をし
ているのを知らない親には怒られまし
たが、何か考え始めると集中力は上が
るので、いいコトと悪いコトがそれぞ
れにありました。それはハンデだと思
っていたコトでも、或る観点ではプラ
スになるコトもあるというコトがわか
りました。6歳の頃にそれを知るコト
が出来て良かったと思います。


その時にいろいろなコトを考えました。


伝記の本を読んだら、普通「へえー、
この人はこういう人なんだ!」と納得
していましたが、エジソンはさらに詳
しく書いてある本を探してすぐに読み
ました。発明が1300もあるコトや、
電気と電力の両方にまたがって発明を
していたコトがとても新鮮で、なぜそ
んなにジャンルを越えて発明出来たの
かが不思議で仕方ありませんでした。


なかでも電球のフィラメントの素材を
2万件近く失敗し続けた時に、それだ
けの数のフィラメントには向かない材
質を見つけた、という発想には驚きま
した。


どんなコトでもプラスに考えるのは、
なんだかダサい気がする…。


正直なところ、そう思いました。でも
2冊目に読んだ本で納得しました。


エジソンには、夜、灯りがともって明
るくなった生活がイメージできていた
のだと思います。


だから、何度失敗しても諦めないで竹
と出逢うまで研究を続けられたのだと
思います。


人の経験は同じような経験をしたとし
ても全く同じようには辿れないと思い
ます。どんなに努力してもダイジェス
トとしてしか受け取れません。


それでいいんだと思います。だから面
白いんだとも思います。同じ場面に遭
遇しても違う感じ方をするからこそ、
新しい発見があるんだと思います。


自分の感じ方を堂々と口にしましょう
よ。自分にしか感じられないコトもあ
ると思います。


今年は新しい元号になる年です。


新しい時代の始まりです。


あなたにとって、エポックメイキング
な年になるように、感性を磨いてみま
せんか?




考え方を変えるだけで世界は変わる(^o^)v

ご来訪いただき、有難うございます!


年末年始、透析をしているわたしにと
ってはいつもと全く変わらない日常が
繰り返し、巡って来ます。年明けも、
1月1日から透析です。とはいえ…


年の瀬には、ここ3年間恒例となった
薬を2週間分、小分けする作業をしま
す。かかりつけ薬局は、年末年始のお
休みに入るので、年末最後の処方箋を
もらうと大量の薬をもらって来ます。
この作業をすると、年の瀬だなあ…と
思います。




この薬を見ると病気になった年の絶望
感を思い出します。慢性腎不全という
病気によって、手足をもがれたような
感覚に陥りました。その時はこれから
透析が始まれば、週に3回は病院通い
だから遠くには行けなくなるし、泊り
がけの旅行も無理だなあ…とか、とに
かく目の前が真っ暗だったのを思い出
します。


では、実際にそんなに大変な暮らしを
しているのか?と言えば、ほぼ思って
いたような絶望感なんて全く感じない
で生きています。


何が変わったのか?というと、考え方
が変わったんだと思います。


出来ないコトを数えるのをやめて、出
来るコトを数えるようになりました。


やらなきゃ、と思うコトはだいたいや
りたくないコトなので、やらなくても
いいと思えるようになりましたし、や
りたい、と思うコトはどうしたら出来
るのか?と考えるようになりました。


健康だった頃より、発想が自由になり
今までよりむしろ楽しんでいる自分を
見つけて喜んだりしています。


きっかけは、内臓が水浸しになって呼
吸困難を起こした時だったと思います。
肺も水浸しになって、横になると息が
出来なくなった時に、本当に死ぬかも
知れないと思い、どうしてこんな状態
になってるのかを知りたいと思いまし
た。腎臓が働かないというコトがどう
いうコトなのか、初めて理解しようと
思いました。


水分がおしっことして排出できないと
いうコトだとザックリわかりました。
週に3回透析をするのは、2日間で排
出できなかったおしっこを当時は3時
間(今は4時間)の透析で抜いているん
だ、というコトがわかりました。


心臓も水浸しの状態から透析でだいぶ
回復しました。医学のおかげで本当に
助かりました。今までどれだけ自分の
カラダを過信していたのかを知るコト
になりましたし、カラダが資本だと言
いながら全くケアしていなかったコト
を反省しました。しかし、反省しても
取り返しのつかない所まで来ているの
も理解しました。


カラダのコトが少しずつわかって来る
と、今、出来るコトをやろうとしまし
たが、出来るコトをやるコトとやりた
いコトをやるコトの優先順位を考えま
した。


ドクターから言われる通りの食生活を
していたら、記憶が弱くなって行く感
じがして、栄養士さんと話してみたら
認知症にならないためには、必要な栄
養素が不足してしまうので、病気を抑
える食事を優先するのか、頭が働く食
事を目指すのかは本人次第だ、という
コトを教わり、認知症になりにくい食
事を選ぶコトにしました。


その辺りから、自由に生きている実感
を持つようになりました。


どんなコトにも作用に対する反作用が
あります。いつでも、どんな時でも、
自分の人生は自分で決めて行く決意が
必要なんだと思うようになりました。


この栄養士さんとの話の後、視点の重
要性を意識するようになったと思いま
す。寿命という観点と認知症にならな
い時間という2つのトレードオフを、
自分はどう考えるのか、というような
視点を持つようになった、というコト
です。


子どもたちのやりたいコトを聞いた時
も、やりたいコトをどうしたら出来る
のか?という視点で答えるようになり
ました。


以前は、やりたいコトを達成するため
に必要なアドバイスだけをしていまし
たが、今はカラダにはどうするコトが
負担になるのか?というようなまさに
カラダが資本であるコトを織り込んだ
アドバイスをしてあげるコトができる
ようになりました。


これは、カラダを壊さなかったら絶対
に気付かなかったコトです。そういう
意味では、カラダを壊して良かったコ
トの1つだと思います。


それから、睡眠のコトも考えるように
なりました。本当に睡眠のコトは全く
考えていませんでした。


若い頃は本当にあまり寝なくても大丈
夫だと信じていたからです。眠る時間
があれば、目一杯仕事をしてギリギリ
まで恋人と抱き合っている方が有意義
だと本気で思っていました。


20代、30代の頃は、平均睡眠時間は
2~3時間でした。今、思えばよく生き
ているなあ…と思います。


たくさんの間違った経験を通して、今
やっとスタートラインに立っている気
がします。


今年も読んでくださり、ありがとうご
ざいました。来年もよろしくお願いし
ます(^o^)/。